大阪 鍼灸 整骨院 無血刺絡療法 吹田市の芝山鍼灸院

大阪 鍼灸 整骨院 無血刺絡療法 吹田市の芝山鍼灸院

芝山鍼灸整骨院

無血刺絡療法

豆知識

※当院では骨折の施術、無血刺絡療法等に関して医師との連携をしております。

 

関連勉強会のご案内

※勉強会に関しては当院は主催しておりません。お問い合わせ・お申込みは、各勉強会の「お問い合わせ・お申込み」欄をご確認ください。

 

無血刺絡療法
携帯メールでもご予約受付けをしています。


上のQRコードを読み込んでいただくか、「shibayama-yoyaku★docomo.ne.jp」のアドレスへ下記の項目を入力して送信してください。
「お名前・ご希望予約日時・(初診の方は「初診」も合わせて入力お願いします)」

メール確認後、「了解しました」または既にいっぱいの場合は、可能時間をご連絡します。

※迷惑メール防止のため、アドレスの一部を「★」にしています。アドレス入力の際は、「★」を「@」に書き換えて入力してください。

 

HOME»  肩こりって

肩こりって

はじめに

肩こりを起こしている筋肉には、同時に血液の循環障害が起こっています。血行障害があると代謝産物が蓄積し、これが神経を刺激して筋肉を緊張させ、「こり」を起こします。
また、こりがあると血管が圧迫されて血行を障害するため、更にしつこい「こり」を引き起こす様になります。
つまり、筋肉のこりと血行障害は互いに悪循環を生み出す関係にあるのです。

首・肩に、こりと血行障害を起こす原因は主として次の3原因に大別されます。

 

筋肉の疲労

長時間のデスクワークなど、首・肩・腕にとって同じ作業の繰り返しが続く、あるいは重いものを運ぶなど、過度に筋肉を使う作業では、筋肉に疲労が生じます。

筋肉は収縮と弛緩(伸び縮み)によるポンプ作用で血液の循環を助けていますが、長時間筋肉が緊張し続けるとその作用が減少し、血行障害が起こります。

運動のエネルギーを生み出す過程では「乳酸」という代謝産物が発生します。これは疲労物質と呼ばれ、筋肉を緊張させてしまうものです。

適度な運動の下では乳酸の発生も少なく、発生しても血液の循環で筋肉中から運び去られていきますが、上記のような作業では乳酸が多量に生じたり、血液による運搬がうまくいかなくなり、肩こりが起こるのです。

 

神経障害

頸椎(首の骨)には脊髄から出た神経の出口があり、これらの神経は首・肩・腕を通って手指の先まで至ります。
その出口や通り道の途中で圧迫を受けると刺激され、こりや痛みを引き起こします。

 

自律神経の失調

内臓の働き、血圧の調節、血管の運動など、様々な活動の維持・調整を行う、自律神経と呼ばれるものがあります。
自律神経には交換・副交感神経の2種類があり、互いに拮抗作用を持ちながら各所の機能を高めたり、休ませたりして調整をいます。
しかし、精神的緊張・更年期障害・高血圧症など不必要にこの神経が働かされてしまう状況では、互いのバランス関係が崩れてしまうことがあります。
特に筋肉の血管が必要以上に収縮すると、血行が悪くなり、こりが引き起こされることになります。

 

肩こりのためのストレッチング

注意事項
1, 体操は勢い・弾みをつけて行うと筋肉をいためたり、緊張を高めたりして逆後果になってしまいます。
丁寧に、筋肉が心地よく伸びる感じを意識しながら行うことがポイントです。
2, 症状が重いもの、手にしびれを生じているものなどは自分で無理をせず、ご相談ください。

 

肩こりのためのストレッチング

 

お問い合わせ

お問い合わせ・ご質問はお気軽にご相談ください!